いらっしゃい ゆっくりしてってくださいな!

2020.10.24 ルリロリプレイベント

ルリロリへの感謝を一生忘れないために、記録として残します。10年、20年経ってもこのバンドと過ごしたことが人生においていかに大切な時間だったか、どれだけ素晴らしい経験を、楽曲を与えてくれたか。そして、こんなに素敵なバンドがあったことをみんなに知ってほしい。

朝を迎えるまで

当日の朝解散発表から約2ヵ月。遂にその日を迎えてしまいました。正直、あまり眠れなくてね(笑)前日は手紙を書いた後、ひたすらパソコンとにらめっこ。最後のライブを前に、SNSを通じてメンバーへ感謝のメッセージを集めさせてもらいました。元々、ライブ前に会場にて集めたいと考えていたんです。しかし、コロナの影響でそのような活動は控えて頂きたいとのアナウンスがあり、断念せざるを得ず。だけど、何もないなんて寂しいじゃん、これまでたくさん元気をもらってきた分、感謝を伝えたい。その一心で企画しました。協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。せっかくならライブを迎える前に届けたい、みんなの想いを受け取って最後の日を迎えて欲しい。あとはせめてもの反撃ですよね、なんで解散しちゃうんだよ!!!!っていう、ルリロリストからの些細な抵抗ですよ。だからメンバーが寝ちゃう前になんとか完成させなきゃってね、必死に作業してて。あと少しで何とか形になるって時に、、、、

ちょっと待って、あと5分だけ起きてて!!!って、思わずリプしちゃったよね(笑) 

5分後、急いで仕上げてゆなちの元へ届けました。5分間待ってくれてありがとう。話は前後しますが、「あの時間にあれはズルいよ!ひなこも私も泣いて眠れなくなっちゃったじゃん!!!!」とクレームを頂きました。反撃成功ですね(笑)「でも、みつるのは無かったね」って。痛いとこをついてくるもんですね。時間がなかったんです、すいません。(結局未だに更新できておらず。作ったら連絡します!)

作業がひと段落してしばらくぼーっとしてて。明日解散することはおろか、会えること、ライブが見れることすら実感が湧かなくて。この8カ月という期間が、いかに幸せな日常を劇的に変化させたのかと実感しました。

懐かしい顔

無事、寝坊することもなく朝を迎えて。

ルリロリスト人生を振り返ると、結構大事なとこで寝坊してるんですよね。一番やばかったのは淡路島遠征、あれはもう終わったと思いました(笑)ライブへ向かう準備も久々で。カメラ、着替え、サイリウム、チェキ券、、、忘れ物が無いか何度も確認して。外出するときにこんなに荷物を持ってたんだなって、懐かしい気持ちになりました。友達と原宿駅にて待ち合わせ。駅が新しくなっててびっくり。綺麗になってたね。ちょっとしたお買い物をして神田明神ホールへ。懐かしい顔がたくさん揃っていましたね、ちょっとした同窓会でした。ルリロリという待ち合わせ場所があったから会えた人もいてね。それがなくなってしまうかと思うと、もう二度と出会わない可能性もあるのかな、なんて考えると寂しい気持ちも覚えちゃって。

開演まで

ルリロリスト一同より送られたスタンド花

たくさんの人が駆けつけました。物販には長蛇の列。発売されたアルバム「Thanks all 2015-2020」も大好評。数量限定にて発売されたEXTRA ROUNDの映像付きセットはLAST LIVEを待たずして完売。僕も買えませんでした。現在、ルリロリオンラインストアにて発売中ですのでね、買えなかった方はぜひ!!!そんなこんなで物販列に並んでいると、あと5分でライブ開演とのことで物販打ち切りに。急いで席まで向かいました。

8か月振りの感動

ホール内に入るとたくさんの座席が並んでいて。昨年のROUND7以来。懐かしかった。動画、写真撮影の準備をしつつもまだライブを見れることが信じられてなくて。ドキドキワクワクといったより、ふわふわした落ち着かない感覚でした。ライブの度にセトリ予想することが楽しみのひとつになっていて。今回もチャレンジしてみたんですよ!

  • Sunny Ride
  • むらさきが好きな君が好き
  • 涙の先に
  • クロブチメガネとベビードール

LAST LIVEのセトリからは漏れてしまったけど、ルリロリにとって大切な曲たちという観点で選びました。どの曲にも数えきれないほどの思い出が詰まっていて。選べないよね、全曲聴きたかったもん。

陽南子、渚奈子、有南のアナウンスが終わると、あのSEが流れライブスタート!!!未来証明の衣装で登場する3人。その姿を見て、今からライブが見れるんだって実感できました。生で見たギタリスト、美しかった。やっと会えた。

未来証明

びっくりした。出し惜しみしないなって。ちょっと声が出たもんね。もう最後の最後にしか聴けないと思ってたから。寂しい思いしながら聴くことになるって思ってたから。待ちに待ったライブ、どんな曲が来てもスポンジのように吸収して楽しむ準備が出来ていたんだけどね、まさか最上級の曲が来るとは思ってなくて。うれしかった。笑顔でこの曲を聴けて、演奏する姿、ギターを弾く姿を見れてうれしかった。

オレンジ

イントロで痺れた、、、この音に何度感動させられたことか、、、、、、すぐ分かっちゃう、勝手に反応しちゃうよね。4thワンマンで未来証明とともに発表された大切な曲。コロナの犠牲になった名曲。こだわりの曲だからまだレコーディングしていない、もっといい曲にするために色々と試している最中だと1月のイベントの際に話してくれていました。そんな中、新型コロナがやってきて、活動がストップしちゃって。だからアルバムに間に合わなかったんだよね。この曲もプレイベントに持ってくるなんて夢にも思わなくて、、、出し惜しみしない、この4曲にルリロリのすべてをぶつけてきたなとね、かっこよかった。

パラレライズド

コロナ禍において発表された新曲。当初のライブ予定であった4.26にMVが発表されて。この苦しい時でも前を向いて進んでいくぞという意志を示してくれた。もっと聴きたかった、だってめちゃくちゃかっこいいんだもん。何度YOUTUBEで再生したことか。ライブで聴いたら更にかっこよくて、、、ギター最高すぎた。Bメロめっちゃいいよね、あの世界観、表現がもっと洗練されていく未来を見たかった。ギターソロに狂喜乱舞したかった。すごくよかったよ。

POP STAR

2019年のルリロリを支えてくれた曲。みんなで育てた曲。ラウンドツアーの集大成。最高でした、声出したかった、飛び跳ねたかった。この時にはもう思考停止、何も無い、解散なんて関係ない、ただただ楽しすぎた。

dΛn$³!

4曲で終わりかと思いきや、あのイントロが。もうね、苦しい思い出しかないんだよね(笑)対バンで「楽しかった、全部出し切った、、、、」って思うとこのイントロが流れてきて「ムリムリムリムリwwwwww」って頭を抱えてて。2019年だったかな?新年1発目のライブでアンコール何がいい?って話になった時、「dΛn$³!かな???」ってノリノリだった推しちゃんにちょっとあまりに楽しくてきつすぎたから「ねえねえ、サニーライドにしない??」ってお願いしたライブがあったんだよね。物販の時、「dΛn$³!はきつくてムリだったんでしょw」ってお見通しでさ、、、懐かしいね。

最高でした。汗だくでした。もうね、立てなかった。久しぶりの感覚、すべてが満たされました。ルリロリ最後の対バンライブとしてふさわしいセトリ。最高。あの感覚は人生において一生忘れることがないだろうなぁって。もうね、幸せすぎた、楽しかったって感情に脳内が支配されてさ、口を開けば楽しかったって言葉しか出てこなくて。ルリロリのライブが好きなんだなって、改めて実感しました。ずーっと、しつこいくらいに「楽しかったー」ってつぶやいてて。本当に楽しかった。

再会

ライブが終わり物販へ。久々の再会です。僕はよくある楽しかったモードに入っていましたので、全然何を話すか考えておらず。まあどうにかなるだろうと。ただ、いざ顔を合わせたら言葉が出なかったよね。今思い返せば、この時点で泣きそうになってたのかも。楽しいって感情が打ち消してくれてただけでさ、心では号泣してたのかもしれない。逢えてうれしかった。

LAST LIVEへ

最高の気分でラストライブへ向かいます。解散のことなんてよくわかってません。「今日は最後まで笑顔でいれそうだ」なんて思ってましたよ、ええ、、、

つづく

最新情報をチェックしよう!